手のひらに太陽の家は、6月完成に向けて着々と進行しています。

今週は手のひらに太陽の家の宿泊棟に屋根がかかり始めました!

西棟ではユニットバスの取り付けも始まっています。

手のひらに太陽の家中心部にある、共用棟の基礎工事も始まりました。ここで、利用者が協同で料理をしたり、ご飯を食べたりする予定です。

また、ペレットボイラー(TI100型)も取り付けられました。

製材端材や木くずから出来ているペレット。このペレットを燃料にお湯を沸かします。

お風呂も楽しみですね。

登米町にも、だんだんと春がやってきました。植物の成長に合わせるように、手のひらに太陽の家もその姿が見えてきました。


2012/4/13(金)blog 0 Comments

Comments are closed.