6月2日(土)、3日(日)に、塗装ワークショップを行いました。

塗装と言っても、すぐには塗り始められません。まずは、窓などの塗装しない部分をテープやビニールで覆います。なかなか乗ることのできない足場にも初めて乗りました。

長細い窓もあるので、上から下までしっかりカバーします。窓を汚さないように、角までしっかり貼りました。こんな地道な作業が、家づくりにはたくさん隠されているのでしょうね。

そして、いよいよ塗装開始です。

上から下から、ローラーや刷毛を使って塗った後に、ウェス(布の切れ端)で、ごしごしと拭きます。拭き取ることで、木目もしっかりといきています。

隅々まで塗るために、時にはこんな姿勢になることも。

全身を使って作業したため、今日は筋肉痛に悩まされる参加者の方も多いのではないでしょうか。

やり始めると、時間も忘れるほど熱中できるこの作業。皆様のご協力もあり、東棟、西棟のほとんど塗ることができました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

ただ塗るだけと言ってしまえばそれだけの作業ですが、これからここに来る方々のことを考えると、自然と手に力が入ります。楽しいだけではなく、『家』という場所の大切さについても考えることのできた2日間でした。

色が入り、一段と素敵な建物になった『手のひらに太陽の家』。お近くにお越しの際は、ぜひご覧ください。


2012/6/4(月)blog 0 Comments

コメント