昨日のお昼から、今まで、

手のひらに太陽の家は、

ひっそりと息をひそめたようでした。

その理由は、

キャンプです。

昨日のお昼から、今日のお昼まで

手のひらに太陽の家の住人は、

登米町の森の中にいました。

場所は登米森林公園です。

 

 

 

 

 

 

 

まだ紫陽花がきれいに咲いています。

子どもたちはついてすぐに、

秘密基地を見つけましたよ。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

森の中の子どもたちは、

誰も止まられないほどエンジン全開です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜はみんなでカレーを作りました。

スープみたいになってしまったけど、

みんなたくさん食べてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は川で遊びました。

 

 

 

 

 

 

 

お母さんも夢中になって、

アユやヤマメ、サワガニ、

たくさん捕まえて、

みんなにこにこ誇らしげです。

何を見つけたんでしょうかね。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、地元の、とよま北上川かっぱの会の方が、

企画からボランティアで参加してくださいました。

また、NPO法人人間の安全保障フォーラム(HSF)さんの協力の下、

学生のボランティアさんもたくさん来てくださいました。

今日の川遊びには、隣の栗原市の

くりこま高原自然学校から、

川の専門家も来てくださいました。

たくさんの大人に囲まれた子どもたちが、

どんな大人になっていくか、楽しみですね。

 

 

 


2012/8/2(木)blog 0 Comments

コメント