今日、太陽の家に

福島から登米市に

避難しているという方が来られました。

お子さまはまだ小さけれど

平日はお父さんと

離ればなれに暮らしています。

太陽の家のことを知って訪ねて来られました。

 

太陽の家の利用者さんとお話ししてると

偶然、お子さんが同じ歳と同じ誕生日

だということがわかりました。

 

子ども達は

お母さんの後ろに隠れて忍者ごっこ。

2人でお母さんの後ろに隠れて

ちょちょっとのぞいて

隠れて

あれま、目が合えば照れ顔。

 

言葉は少しずつ覚えたけれど

どうしていいかな。

わからないな。

 

そしたら

そうだなっと言うように

2人そろって

そっとおもちゃを出し始めました。

 

2人とも今は大好きなお父さんと離ればなれ。

きっと気持ちは何となく伝わって

言葉は無いけれど

仲良く静かに遊び始めます。

 

 

 

 

 


2012/9/24(月)blog 0 Comments

コメント